産経新聞 2013年3月6日 「西宮うまいもん祭り&マルシェ」

16、17日 ららぽーと甲子園で

 西宮市内の飲食店や雑貨店が自慢の逸品を屋台形式で販売する「西宮うまいもん祭り&マルシェ」が16、17の両日、西宮市甲子園八番町の商業施設「ららぽーと甲子園」南側G駐車場で開かれる。

 飲食店などで組織する実行委員会が初めて企画、当日は百貨店やショッピングセンターのバイヤーを招いて試食や商談に王子、知名度アップにつなげるとともに、販路拡大を目指す。
 出店するのは市内の焼き鳥店や居酒屋、ラーメン店、和洋菓子店や雑貨店など約30店。ニンニクしょうゆで味付けした鶏肉の手羽中(通称・ヒーロー)を揚げた「甲子園ヒーロー揚げ」やリンゴの入ったパイなどを販売。会場には、飲食スペースも設ける。
 景品が当たるじゃんけん大会や市観光キャラクターの「みやたん」との写真撮影会もある。入場無料。両日ともに午前11時~午後4時。問い合わせは、西宮うまいもん祭り&マルシェ実行委員会事務局(℡0798・61・7676)。

参加店舗が販売する予定の料理やスイーツなど=西宮市役所


甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

神戸新聞 2014年 メイドイン西宮 おいしいぞ

うまいもん祭り&マルシェ ららぽーと甲子園
21日、22日

 西宮市内の事業所で製造、加工している食品や雑貨などを販売するイベント「西宮うまいもん祭り&マルシェ」が21、22日、ららぽーと甲子園(西宮市甲子園八番町)の南側G駐車場特設会場で開かれる。”メイドイン西宮”をテーマに飲食店など35店舗が並び、逸品や名物が楽しめる。
(斉藤絵美)

販売予定の商品を前にPRする実行委のメンバーたち=西宮市役所

逸品、名物ずらり

 昨年に続き、2回目の開催で、今年は20店舗が初参加する。
 会場には飲食スペースも設け、「甲子園ヒーロー揚げ」や「たこコロッケ」、「えべっさんのだし巻」など市内各店の自慢の逸品を500円程度で味わえる。バイク用の手作りグローブや雑貨なども販売される。
 市内外のショッピングセンターや百貨店の催事担当者も招待し、出店者が新たな販路を開拓する試みも取り入れる。
 昨年は2日間で約1万6千人が来場。今年は昨年の倍の来場を目指しており、実行委員会は「市内外の人に西宮の良さを知ってもらえればうれしい。今後も継続的に開催していきたい」としている。
 21、22両日とも午前11~午後4時。実行委℡0798・61・7676

 昨年に続き、2回目の開催で、今年は20店舗が初参加する。
 会場には飲食スペースも設け、「甲子園ヒーロー揚げ」や「たこコロッケ」、「えべっさんのだし巻」など市内各店の自慢の逸品を500円程度で味わえる。バイク用の手作りグローブや雑貨なども販売される。
 市内外のショッピングセンターや百貨店の催事担当者も招待し、出店者が新たな販路を開拓する試みも取り入れる。
 昨年は2日間で約1万6千人が来場。今年は昨年の倍の来場を目指しており、実行委員会は「市内外の人に西宮の良さを知ってもらえればうれしい。今後も継続的に開催していきたい」としている。
 21、22両日とも午前11~午後4時。実行委℡0798・61・7676

甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

産経新聞 2015年9月9日 16日から西宮阪急バル

飲食店14店舗、逸品提供

 毎年春と秋に西宮市内で行われているバルイベントをPRしようと、市内の飲食店14店舗が集まり、自慢の逸品を提供する「西宮阪急バルグランプリ」が16日から同市高松町の百貨店「西宮阪急」で始まる。22日まで。
 阪神甲子園駅や西宮駅周辺など市内の各地域で、店をはしごして食べ歩きや買い物を楽しむバルイベントを開催している「西宮あっちこっちバル実行委員会」と西宮阪急が共催。昨年、同実行委が「いろいろな場所から人が集まる西宮阪急で、市内各地域の店舗が集合した催しができないか」と提案し、今回のイベントの開催が決まった。
 会場は1階催場で、イートインスペースも用意。イカスミリゾットや空揚げなど500円で食べられるイベントオリジナルメニューなどが提供される。
 同実行委員長の山崎哲さんは「これまでバルに参加したことがない世代の人にも楽しんでほしい。10月には市内各地域のバルもあるので、そちらにも足を運んでもらえれば」と話した。
 午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)。問い合わせは西宮阪急(℡0798・62・1381)

「西宮阪急バルグランプリ」をPRする参加店の代表ら=西宮市六湛寺町

甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

神戸新聞 2014年7月5日 浴衣姿 逸品に舌鼓

焼き鳥店など26店参加
6日まで 甲子園でバル

 浴衣姿で飲み歩き、食べ歩きを楽しむ「甲子園浴衣バル」が4日、西宮市の甲子園球場周辺で始まった。ご当地グルメ「甲子園ヒーロー揚げ」が人気の焼き鳥店など26店が参加。浴衣や甚平姿の来店客に特典を用意し、夏の夜を盛り上げた。6日まで開催される。
 甲子園球場周辺の飲食店主らでつくる実行委員会が毎年開き、3回目。各店自慢のメニューをワンコイン(500円)とツーコイン(千円)で提供し、地元の味をPRする。
 焼き鳥店「じゅげむ」では、ドリンクとヒーロー揚げ6本500円と通常価格の半額に。近くに住む会社員女性(48)は「ずごいお得感。初めての店にも入りやすいし、楽しい企画」と満足そうだった。
 6日午前11時から、球場近くのららぽーと甲子園で、西宮市観光キャラクター「みやたん」などとの七夕写真撮影会(無料)がある。詳細はホームページで。事務局℡0798・61・7676  (松本大輔)

浴衣や甚平姿で地元グルメを楽しむ人たち=西宮市甲子園網引町、「味処まや」


甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

朝日新聞 2013年2月28日 西宮の味自慢、大集合

 オリジナル料理や小物を扱う約30店舗が自慢の商品を販売するイベント「西宮うまいもん祭り&マルシェ」が3月16、17両日、西宮市甲子園九番町の「ららぽーと甲子園」南側駐車場で開かれる。地元のゆるキャラや、ご当地アイドルも参加して盛り上げる。

来月16・17日 グッズなども、30店舗が参加

 昨年開かれた食べ歩きイベント「バル」を催した市内の飲食店主らが実行委員会をつくって企画した。百貨店のバイヤーらも招き、各商品の販路拡大も目指す。
 阪神甲子園球場かいわいの飲食店のメニュー「甲子園ヒーロー揚げ」や、和食店の創作料理、フランス菓子などのほか、ロボット型アクセサリーやヨットの帆の生地でつくったトートバッグなど西宮市内で製造・販売されている品々が並べられる。各店ごとにブースを設け、料理はその場で調理される。
 開催時期は両日とも午前11時~午後4時。2日とも、午後3時に西宮市の観光キャラクター「みやたん」との記念撮影会や、西宮のご当地アイドル「フレンドル」のダンスステージもある。
 実行委員会の山崎哲(44)は「イベントを通じて、自慢の商品を多くの人に知ってもらいたい」と話す。問い合わせは実行委事務局(0798・61・7676)へ。  (藤本久格)

出品予定の料理や小物などを前にPRする実行委のメンバーら=西宮市役所


甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

朝日新聞 2012年6月21日 B-1へ全力投球 甲子園ヒーロー揚げ

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の近所の飲食店が、ご当地空揚げ「甲子園ヒーロー揚げ」を広めようと奮闘中だ。地図やのぼりを作ってPRし、B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」への参戦を目指す。果たして名物の一品になれるか――。

甲子園ヒーロー揚げを手に阪神の勝利を喜ぶファン=兵庫県西宮市

手羽中+にんにくタレ 9店連携

 阪神対オリックスの交流戦が甲子園球場であった8日。鳥料理店「じゅげむ甲子園本店」に試合後、阪神ファンが集った。「勝利に乾杯!」。物心がついたと頃から阪神ファンの会社員、長島純さん(44)のかけ声でグラスをあわせたテーブルには、甲子園ヒーロー揚げが並んだ。長島さんは「一番ビールに合う。試合に勝った日に食べる味は最高です」と満面の笑みだ。
 店を営む山崎哲さん(44)が約15年前、球場近くの居酒屋で「ヒーロー」というメニューを見つけ、注文してみた。「手羽中」といわれる部分を揚げ、ニンニクしょうゆをつける料理だった。別の店でも同じような料理の名前の一部に「ヒーロー」がついていた。そのおいしさから「ヒーロー揚げ」として採り入れると、人気メニューになった。
 近年、ご当地グルメがブームだ。昨年11月に兵庫県姫路市で開かれたB-1グランプリには、過去最多の51万5千人が訪れた。山崎さんは「ヒーロー揚げをご当地グルメとしてPRできないか」と考えた。
 手羽先の空揚げを扱う居酒屋や、中華料理店などに声を掛け続けた。今年1月にヒーロー揚げを広める推進委員会を結成。「ヒーロー」の名前の由来は諸説ある。中国語の鶏肉(ジーロウ)の発音から来ているのではないかとも言われるが、タイガースの本拠地であり、高校野球の聖地があるこの地の名にふさわしいと、「甲子園ヒーロー揚げ」と名付けた。
 「手羽中二つ割りスタイル」「サクサクの衣」「香るにんにくタレ」が「3カ条」。骨の部分を片手で持って食べやすいのも特徴だ。1皿6本前後で400~500円程度で味わえ、各店がカレーソースをかけたり、ピリ辛の味にしたりして工夫を凝らす。
 おそろいのTシャツやのぼりを制作し、取り扱う9店舗の場所を記した「MAP」も1万部作って、西宮市観光振興課や西宮商工会議所、各店に置いた。
 これまで西宮市や神戸市などであったイベントでヒーロー揚げをPRした。作り方を教える親子教室を開いたほか、8月には西宮市の友好都市・高知県梼原町での催しに出向く予定だ。甲子園近くに温浴施設「鳴尾浜温泉 熊野の郷」(西宮市鳴尾浜1丁目)も協力し、施設内のレストランで6月からメニューに採り入れた。
 推進委員会の代表を務める山崎さんは「球場や西宮を訪れる人たちに各店自慢の味を楽しんでもらい、にぎわいがある街にしたい」と話している。 (瀬戸口和秀)

PRする各店舗の人たち=西宮市甲子園八番町

甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

産経新聞 2014年 『地元でみつける!夢とやりがいのある生き方』

熱い思い 言葉にすれば実現可能

『地元でみつける!夢とやりがいのある生き方』

西宮の経営者、学生が電子書籍出版

 西宮市内の経営者や学生3人が、ご当地グルメを生み出した経緯や農業への挑戦への歩みをつづった電子書籍『地元でみつける!夢とやりがいのある生き方~西宮から世界へ~』を出版した。3人は「熱い思いを言葉にすれば、実現できる」とPRしている。
 著者は、ウェブサイト「西宮経済新聞」編集長の林拓真さん(38)▽ご当地グルメ「甲子園ヒーロー揚げ」の普及に力を入れる焼き鳥店代表の山崎哲さん(45)▽甲南大マネジメント創造学部3年で農業団体「Agrista(アグリスタ)」代表、金子隆耶さん(21)。林さんが2人を誘い、全員が1章ずつ執筆した。
 高知県出身の山崎さんは、甲子園ヒーローア揚げを通して西宮の活性化に取り組んでいることを紹介し、全国各地の空揚げを集めた「唐揚甲子園」を開きたいという夢を披露。
 インターンシップでの米作り体験をきっかけに農業団体を設立し、仲間と奮闘する金子さんは、農業の未来を変えたいという決意を記した。
 インターネットやラジオ、フリーペーパーなどで西宮の情報発信を続けている林さんは、夢を見つける「6つのステップ」について書いた。「地元で過ごしていても、夢を見つけ、かなえられることを伝えたい」と話している。
 電子書籍390円。購読には専用アプリなどが必要。

出版した電子書籍をPRする金子隆耶さん、山崎哲さん、林拓真さん(左から) =西宮市六湛寺町

甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

武庫川店 武庫川女子大学 × J GROUP × 甲子園ヒーロー揚げ コラボ企画



NEW
甲子園

 ヒーロー誕生!!
揚げ

 夏よ来い!
すりおろし玉ねぎで疲労回復、腸内環境の改善

甲子園ヒーロー揚げ
 すりおろし玉ねぎ味噌タレ味   450円(税別価格)

コラボ企画 NEW甲子園ヒーロー揚げは、西宮・甲子園ヒーロー揚げ推進委員会提供する店によってメニュー内容、販売開始及び期間が違います。
詳しくは甲子園ヒーロー揚げ公式ホームページでご確認ください。

甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/

球場前店 武庫川女子大学 × J GROUP × 甲子園ヒーロー揚げ コラボ企画

NEW
甲子園

 ヒーロー誕生!!
揚げ

 夏よ来い!
すりおろし玉ねぎで疲労回復、腸内環境の改善

甲子園ヒーロー揚げ
 すりおろし玉ねぎ味噌タレ味   450円(税別価格)

コラボ企画 NEW甲子園ヒーロー揚げは、西宮・甲子園ヒーロー揚げ推進委員会提供する店によってメニュー内容、販売開始及び期間が違います。
詳しくは甲子園ヒーロー揚げ公式ホームページでご確認ください。

甲子園ヒーロー揚げの購入はこちら!
https://koshien-heroage-store.com/